男として恥ずかしい?包茎は自分でも治療できるのか

包茎のデメリットとは

現在、日本人成人男性の約6割近くが仮性包茎だといわれています。仮性包茎とは正常時のみ亀頭に皮が被っている包茎のこと、包茎の種類ではもっとも軽い症状になります。包茎とはいえ日常生活、および性行為にほとんど支障はありませんので放っておくという人も多いことでしょう。しかし、勃起時にも皮をかぶっている真性包茎や、勃起時に痛みを伴ってしまうカントン包茎の場合、そのままにしておくとさまざまな不都合があります。

包茎治療のメリットとは

包茎を治療することで多くのメリットがあります。まずは包茎が解消されますので見た目が良くなります。なかにはサイズアップする場合もあるようです。また、特に大きいのが衛生面の問題です。皮をかぶっていることで内側に少しずつ汚れがたまっていきます。特に真性包茎やカントン包茎の場合なかなか皮をむくことが難しいですから、衛生的に良くはありませんよね。また、カントン包茎の場合は締め付けによる鬱血などのリスクも解消できます。

自分でできる包茎治療法とは

包茎の治療には手術が必須というわけではありません。場合によっては長期的な治療になりますが、自分で改善する方法もあるのです。その方法とは「自分で剥く習慣をつける」ということです。皮製品のブーツを履き慣らすと少しずつ脚になじんでくるとの同様に、包茎の場合も毎日少しずつ剥いてあげることで皮が伸びて剥けやすくなります。しかし、注意しなければならないこともあります。力づくで無理に剥いてしまうと痛みを伴ったり、場合によっては鬱血してしまう恐れがあります。焦らず少しずつ改善していきたい人におすすめの治療法です。

真性包茎は手を使用しても亀頭部分を出す事が出来ない物ですが、専門医にて皮の切除手術を受ける事で治す事が出来ます。