こんなにもある!ふるさと納税を積極的にやるべき理由

納税先の特産品をゲット

ふるさと納税には数多くのメリットがあります。その1つが、特産品をゲットできることです。納税額に応じたコースが各自治体で用意されており、地元の名産品をはじめとして、伝統工芸品やその地方への両貢献・優待券をもらえることもあるんですよ。しかも、基本的には、納税した回数に応じて特産品等を受け取れるので、魅力的な特産品を何度でももらえます。ふるさと納税で扱っている特産品は、現地では納税額の2倍以上の値段で売られているようなものばかりで、扱っている数も多くはありません。なので、ふるさと納税は確実に名産品をゲットできるチャンスでもあるんです。

住民税が納税額に応じて控除される

ふるさと納税の基本的な考え方は、所属している地域以外の場所に住民税を支払うことで、地方の税収を増やして活性化を促すことです。なので、ふるさと納税で納税した金額に応じて、元の住民税が控除されます。金額には上限がありますが、大抵の場合は、納税額から2,000円を差し引いた額が最終的な控除額です。なので、住所がある自治体へ住民税を支払う代わりに、お世話になった生まれ故郷などへ住民税を支払う感覚です。特産品をもらえたうえで、住民税も免除されるのはありがたいですね。

税金の使い道や支援する自治体を自分で選択できる

そもそも、私たちの税金の使い道は、私たちでは直接的に決めることができません。しかし、ふるさと納税の場合には、もう少し踏み込んだ考え方ができます。支援したい地方自治体を選択して積極的にふるさと納税を活用すれば、自分の税金で地方を活性化できる達成感を味わえます。なので、特産品や住民税控除などのメリットもありますが、自分のお金の使い道を自分で決め、自らが地方の活性化に一役買っている感覚も1つのメリットです。なので、必ずしも自分の生まれ故郷やゆかりのある場所に限定することはありません。魅力的な地方には、積極的に納税して、その地方を活性化していきたいところですね。

実質2000円で様々な特産物がもらえるふるさと納税は、年々人気を得ています。最近では特産物リストの本まである程です。